omorin blog

北海道「しりべし」で生活を楽しむomorinのblogです☆

秋の旧下ヨイチ運上家に行ってきました 

f:id:kanae37love777:20181019173646j:plain

現存する唯一の運上家

「旧下ヨイチ運上家」は江戸時代末期に設けられた蝦夷地経営の拠点。

切妻造で、屋根には正板三千枚、その上に二千個の石が置かれています。

f:id:kanae37love777:20181019173508j:plain

運上屋の中は身分の低い人やアイヌの人たちが座る場所と、一般の人の場所、身分の高い人たちの場所がはっきりと仕切られており、身分の低い人たちの場所は板の間なのに対し、身分が高い人たちの場所には畳や敷物が敷かれています。

f:id:kanae37love777:20181019173804j:plain

 

f:id:kanae37love777:20181019174319j:plain

宿泊にも使用されていたそうで、遠山の金さんのお父様も宿泊されたとの事。

f:id:kanae37love777:20181019174955j:plain

運上屋の敷地内には神社と庭園があり、秋には美しい紅葉も楽しめます。

f:id:kanae37love777:20181019173915j:plain

 

f:id:kanae37love777:20181019174011j:plain

 

f:id:kanae37love777:20181019174147j:plain

 

 

今年の営業は12月上旬までだそうです。

冬期間はお休みし、また来年4月下旬から会館が予定されています。

美しい景色と歴史を感じられる運上家。

余市にお越しの際はぜひ見学してみてくださいね。

f:id:kanae37love777:20181019174552j:plain

 

 

f:id:kanae37love777:20181019174904j:plain

 

写真提供:Kei.ichikawa

 

 

 

営業の魔法

営業の魔法